ネイテヴテイネ 手稲区内

北海道で一番高いところにある社@手稲神社奥宮

投稿日:

手稲山登山の目的のひとつは、奥宮参拝。
標高1023mの手稲山山頂に奉納されており、道内では最も高い社となります。

↓登山の状況は下記

ストック両手に久しぶりの手稲山登山:素直に舗装路ルート!

腰と膝をサポータ補強してのウォーキング、ポタリングを数回ほど行ってきました。 状況を見て近場の低山ぐらいなら登山も大丈夫だと判断し、目の前の手稲山を久しぶりに登ることに。 ↓手稲山登山にむけての準備は ...

続きを見る

電波塔の間を通る道を奥に進むと神使像が見えてきます。

最初に迎えてくれるのが、お狐の像。
手稲神社で祀っている相殿神に倉稲魂の神がいるからかな?
山頂だけあって、風雨に激しくさらされているためか傷み方が激しいです。

 

その次に控えているのが、狛犬の一組。
こちらもボロボロで、ちょっと可哀想。

 

手稲神社奥宮は手稲区を背にして立っています。
昭和22年10月8日に建立とのこと。
私は毎朝手稲山に向かって遥拝しているのですが、直接伺うのは10年以上前に手稲山登山して以来になります。

 

扉の郵便受け入り口のように見える所が賽銭入れ。
激しい風雪に耐えられるよう昭和55年には石室造りになり耐久性が向上しました。

奥宮では手稲神社御分神の他にも祀られています。

手稲神社御分神
弥彦大神
三峰大神
九徳稲荷大神
伏見稲荷大神
龍神大神

九徳稲荷大神は、手稲区富岡の球徳稲荷大明神のことでしょうか?
こうしてみると結構、いらっしゃる。(笑)
三峰大神の神使は確か、狼。

狛犬(獅子)、狐、龍、狼となにかとバラエティーにとんでる。

 

ゑまき336




ゑまき336




-ネイテヴテイネ, 手稲区内

Copyright© ひろつそゑまき:ココロとカラダのハイパーメンテ , 2019 All Rights Reserved.