雑記

冬の円山動物園、一番元気だったのは黒いフレンズ。

投稿日:2018年1月12日 更新日:

2018年元旦、北海道神宮、開拓神社参拝の後に久しぶりに円山動物園へ足を運ぶことにしました。

札幌市円山動物園公式ホームページ

冬期は11月1日から2月末日まで開園しているので、元日も開いていました。
入園料は大人(高校生以上)600円で、小人(中学生以下)は無料です。
年間パスポートだと1000円で何度も来るひとにはお得。

残念ながらカメラの調子が悪くて、画像はこの入口前のみ。
望遠で撮ったものが全てピンぼけという失態でした。

前回来たのは少なくとも10年以上前になります。

今回はそれなりにまた違った気分で動物たちを見れたと思います。
明らかに去年流行ったアニメを視聴した影響ですかね。(笑)

けものフレンズ公式サイト 

昔ほどアニメ視聴はしなくなったのですが、話題が出始めた頃に後追い視聴。
結構楽しめました。
2期も決定しているようですが、監督交代もあって、いろいろと騒がしいようですけどね。

正門を抜けて右手側にセブンイレブンがあるのですが、買った食べ物を手に持って出るときは要注意です。
カラスが狙っていて、容赦なく奪いに飛んできます。
ちょうど観光客に襲いかかっているところを目撃しました。
動物園のなかで、檻の外を自由に動き回る彼が一番生き生きしてそう。(笑)

というのは、やはり冬だと寒いですからね。
動物たちもなんとなくおとなしい感じです。
いや、私の来るタイミングが悪かったこともあるか。

新しいゾウ舎は建設中で今年の半ば頃完成だったかな。
ホッキョクグマ館は去年の10月に完成していますが、クマたちが新獣舎に慣れるための訓練で観られなかったり、奥の寝床にはいって姿をみせてくれなかったり。
キリンも見かけなかったなあ。
動物園に行ってゾウとキリンに会えなかったのはちょっと寂しい。

けものフレンズといえば、主役がサーバルキャットのサーバルちゃんなのですが、オスのポッキーは残念ながら昨年10月にお亡くなりに。(もうペットや動物園の動物は亡くなるって表現でもいいよね)
24歳以上ですからね、人間なら相当な年齢です。国内飼育でも最高齢だったようです。

円山動物園には、もう一匹、2歳メスのエンがいます。
ポッキーがいた檻の隣なのですが、一度奥の寝床部屋からこちらに出てきてくれたので、姿を拝むことが出来ました。
ひとり、一眼レフカメラを構えてしばらく粘っていた男性が居たなあ。
たぶん、アニメ観ていると思いますよ、その人。(笑)

お父さんに連れられて観ていた幼稚園児ぐらいの男の子は、あれはチーターに違いないと主張していました。
その子の父親が違うのではと言っても、絶対にチーターだと断言し何が何でも譲らない。
ヤギとか言いださなかっただけ良しとしましょう。(笑)

プレーリードッグやコツメカワウソは元気良く動き回って可愛かったです。たーのしー。

 

ゑまき336




ゑまき336




-雑記

Copyright© ひろつそゑまき:ココロとカラダのハイパーメンテ , 2019 All Rights Reserved.