ネイテヴテイネ 手稲区内 雑記

紫の翅、羽ばたきキレイ。コムラサキ@前田森林公園

投稿日:2018年7月29日 更新日:

カナールは清掃のために水を抜かれていました。
マガモたちは画像とは逆側に位置する壁泉に避難中。

こちらと反対側の端の泥溜まりにて蝶のツガイが飛んでいるのを発見。
なんとかデジカメに納めようと努力してみる。(汗)

考えてみれば、普段野鳥でさえ撮影するのに四苦八苦しているのに、飛んでいる虫なんてなおさら困難だった。(笑)

ヒラヒラと飛んでいる時に、翅の表面の紫色が見えるので、コムラサキとあとで確認。
ただし、地面に止まって休んでいるときは、当然翅を閉じているもんだから、裏側しか見えないんだよねえ。

ネット上だと、翅を広げて表側の紫色がはっきり映った画像が多数検索できるけれど、よくも見事に撮れるもんだ。
残念ながら、この記事内にオスの紫色の翅がきれいに映ったそんな画像はありません。^^;

蝶にも当然、「科」や「亜科」分類があるんだけど、wikiさんに寄るとコムラサキはタテハチョウ科のようだ。
一番有名なのは、日本の国蝶オオムラサキ。
私は見たこと無い。
いや、さすがに国蝶だけあって北海道にもいるようだから、知らないうちに飛んでいるのを見かけた可能性も捨てきれない。(笑)

 

とりあえず羽ばたいているところを何枚か撮ってみたけれど、かろうじて表面が見えるのがこれだけでした。

拡大してみると、こちらはメスのようですね。
オスもきれいな紫色に翅を反射させて目の前を飛んでいただけに、残念。
数枚撮ったぐらいじゃ、ダメだね。

コムラサキはさっぽろ生き物さがしプロジェクトの対象生物なっていたな。
めずらしさ★3だ。
参加登録すれば良かったかな。

no image
札幌市民が参加してつくる生き物マップ作成企画があった

去年、たまたま図書館の地域コーナーで見つけた小冊子。 「さっぽろ生き物さがし」の2016年版と2017年版だったのだが、それを見て札幌市が市民参加型生き物調査の「さっぽろ生き物さがしプロジェクト」が行 ...

続きを見る

 

ゑまき336




ゑまき336




-ネイテヴテイネ, 手稲区内, 雑記

Copyright© ひろつそゑまき:ココロとカラダのハイパーメンテ , 2019 All Rights Reserved.