読後感想

やはり受け止め方が大切か@『あなたの人生がつまらないと思うんなら……』

投稿日:

ひすいこたろう氏の本を読みました。
『あなたの人生がつまらないと思うんなら それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。』
(ひすいこたろう著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)

タイトル、長い。(笑)

まあ、内容的にはタイトルどおりです。
自分に降りかかる物事の事象は、自分のどう受け止めるか次第ということですね。

副題で「1秒でこの世界が変わる70の答え」とあり、70の質問に答えている内容です。
そして、どう受け止めるかで変えるのですから、1秒で充分足りるということですね。

仏教でいえば、第一の矢は受けても、第二の矢をどう受け流すか。
どのように反応するかということと共通しています。

ひすい氏の対応で特徴的だなと感じたのは、特に面白おかしく受け止めるというところです。

例えば、嫌な感情が現れたときに、単にそれを認識して認めるだけでなく、パピーちゃんという名前をつける。

財布を落としてショックの問いには、とりあえず北島三郎の「まつり」を歌い、頭のなかにフレーズをリフレインさせる。

怒りのときは、できるだけ自分を客観視する方法がよいと言われますが、どうせなら自分=怒り(100%)ではなく、夕食のことも考えて、「自分=怒り+夕飯」として怒り部分を減らしてしまうとか。

応用が簡単に行えるのが嬉しいですね。

ものすごい悲しいことがあって、「自分=悲しい」で絶望的になったとしても、他のことを、例えばポテトチップスのことを考えると、自分=悲しい+ポテトチップス。
ポテトチップスといえばコンソメ味は外せない。
自分=悲しい+ポテトチップス(コンソメ味)

いかに絶望的であっても、他のことが頭に浮かぶ余裕に気づくわけです。

自分=絶望(100%)以外の何者でもないという状態が、偽りだったとわかっただけでも前向きへ変わった証拠です。

起こった現象は変えようがない。
起こったことに対して、どう感じるかは、いくらでも時間をかけずに変えることがある。

このことに気づかせてくれた本でもありました。

 

ゑまき336




ゑまき336




-読後感想

Copyright© ひろつそゑまき:ココロとカラダのハイパーメンテ , 2018 All Rights Reserved.