艦これ アニメ・コミック等 雑記

「艦隊これくしょん」第二期に向けての大規模メンテ中に考えること

投稿日:

「艦隊これくしょん」通称「艦これ」が第二期へ向けての数日に及ぶ大規模メンテナンスに入りました。
第二期と言っても、「艦これ」開発/運営ツィートで与えられている情報では今までFLASHだったのが、HTML5化ということですが。

ここでは、具体的にどうなるかという予想は特にしません。
ですが、せっかくですから、この与えられた状況について考えたいと思います。

この状況とは……、つまり強制的に「艦これ」断ちの状況ということです。

こまぎれの作業は積み重なれば相当な時を浪費してしまいます。
ゲームにおける数分のクエストに使う作業もその一部。
「艦これ」でいうと、日毎に発生するディリー任務をついついプレイしてしまうと、気づいたときには余裕で30分は経過という恐ろしいことに。

意志があるのなら、スパッと止めることができるのでしょう!
究極な選択は、アンインストールすることです。

しかし、それが難しい。(笑)
私の場合は2回港を拡張で2000円程度。
たいして課金をしていないので、サンクコストなどたかがしれているのですが、もったいないという貧乏性が留めています。
そして、せめて演習任務ぐらいはしようと日毎にログインして累積してしまう無駄時間。

例えそんな日々を送っていても、強制的にプレイから切り離される時間帯は存在します。
それがメンテナンス時間。
そして、今回の大規模メンテナンスはまさに2日半以上の空白時間がもたらされるのでした。

この強制的な艦これ断ちで改めてわかることは、目の前に存在しなければそれはそれで全く問題ないのが確認できることですね。
無ければ無いで、他のことに時間を振り分けることができるのです。

思えば、TVに関してもそうでした。
TVの視聴時間が一日24時間内に全く存在しないということは、以前の生活では無理でした。
しかし、TVのない部屋で暮らしている今では、TVを見ないことが逆に当たり前になっています。

やらなければならない作業や仕事に取り組むには、注意をそらす存在を周りから遠ざけることが効果があります。
たとえ気にしていないつもりでも、人間は関係ないものを見ただけ、目に映しただけで集中力が途切れるようです。
逆に見えていないものは、存在していないのと同じ。

存在していないものは、プレイのしようがないのですね。

せっかくの大規模メンテで長時間、「艦これ」をプレイできない機会です。
プレイしなくても日常において全く問題ないことを実感するにはもってこいではないでしょうか?

私はなぜか「艦これ」カテゴリーを作っていながら、「艦これ」から遠ざかることばかり勧めていますが、有限の時間は有効に使うべきという己に対しての戒めを忘れないためなのであります。
「艦これ」をきっかけに旧日本海軍やその他の知識習得へ意識を向けるという目標はすでに達成していますので。

とは言っても、絶対に大規模メンテ終了したら、ログインしてしまうんだろうなあ。(笑)
それをわかっているから、いかにプレイ時間を減らすのかを考えていかなければならない。
課金はほとんどしていないといっても、プレイした時間は膨大になり、続ければそれは更に積み重なるだけなのですからねえ。

 

ゑまき336




ゑまき336




-艦これ, アニメ・コミック等, 雑記

Copyright© ひろつそゑまき:ココロとカラダのハイパーメンテ , 2019 All Rights Reserved.