『史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち』の感想。バキファン必読かな。

『史上最強の哲学入門 東洋の哲人立ち』(飲茶著、マガジン・マガジン、2012)

面白い!
面白いけれど、読む順番を間違えたッ!

飲茶氏のこの著書は前編後編ふたつでひとつなら、これは後編。
前編に当たるのが西洋の哲人たちについて述べた『史上最強の哲学入門』だった。

私が図書館で偶然目にしてしまったのが、「東洋の哲人」編。
表紙が板垣恵介氏のイラストだから、手に取らないわけにはいかない。
先にこちらを読んでしまったのは、仕方がない。
出会ったら、戦いなのである。

そして、この漫画家を表紙にするぐらいだから、著者は当然、格闘漫画『バキ』シリーズが好きだ。
それは「まえがき」を読んだ瞬間、確信に変わる。

ある専門分野を知るには、自分が興味を惹かれる要素が備わっていれば、大変に効率的。
触媒として自分と知識を結びつけるのに、有効に働くからだ。

それが自分と著者とのあいだで共通言語のごとき役割を果たしてくれるのならなおさらである。
波長の合う言語で説明されるほど、理解しやすいことはない。
それが身にしみてわかったのが本書だ。

ブッダの教え。
それを元にした仏教。
般若心経。色即是空、空即是色。

老荘思想。道(タオ)。無為自然。
日本への向かう禅。

親鸞の他力本願、悪人往生。

一度は過去に書物で目を通したものであったが、曖昧なまま放置していた。
いや、とりあえず曖昧なままにしておこうと放置していた。

般若心経の直訳に失望し、ウチは門徒であるが南無阿弥陀仏にブッダの心とのかけ離れを感じ……。
しかし、そんな上っ面な私ごときでも考えられるようなことは、当然のごとく疑問に出しつくされていたのだった。
自分がそこで思考停止していたことに、気づかせてくれただけでも良い機会を得られた。

基礎的な哲学の流れがきちんと把握できていないまま、そこへ知識を塗り重ねたところで時間の無駄になってしまう。
そんなことを改めて思い知らされたのだった。

しかし、それも基礎の、入門の時点で、波長の合わない書物を読んでしまったせいもある。
特に関心を持たなかった人が、哲学に関して最初に触れる機会は、高校の倫理の時間あたりだろうが、そのときにこの本を読める環境があったらなあと悔やむ。
時系列的に無理だけど。

「バキ」好きなら読んで損はない哲学入門書。
むしろ、他のを読むぐらいならこれから初めて良いと断言できる。

私の感想を端的に述べるのなら、

「ア……ア……リ……ガ………ト………………」