早起きは三文の得どころか、時間が3倍の得。

どうしても夜更かししてしまう習慣を改善しようと20日前から早起き習慣に取り組みました。
なんだかんだで、ダラダラして気づくと夜中の1時のパターンが悪習慣となっていました。

朝の作業効率を1とすると、昼間は半分,夜は3分の一に下がってしまうと聞いたので。
つまり午前中に1時間でできる作業が、昼では2時間、夜にいたっては3時間かかってしまうことになります。

これは大きな差です!
例えば、いつも深夜1時に寝て、朝7時に起きて睡眠6時間をとっているとします。
これを夜10時就寝-朝4時起床パターンに変えると、夜の3時間を捨てることにより朝に9時間を得るのと同じことに。
正確には差し引きで9時間引く3時間で、6時間だけ増えたようなものだけど、早起きのよいところは誰でも実感しやすいところでしょう。

時間をかければ誰もが効果を感じられるものに筋トレがありますが、早起きの場合は更に一度試してみるだけでも効果を感じられるのが魅力的。
早朝の日差しを浴びるだけでも、清々しい気分になります。
そして、早朝時間でいろいろと作業をこなすことが、夜の3倍の効率。
一区切りついて時刻を確認してみるとまだ9時前だったりします。
ものすごく時間を得した気分に浸れるんです。

本来、朝の9時なんて就業や学業で、ようやく本格的に心とからだのエンジンがかかりはじめる時間帯でしょう。
特に夜更かし癖のものには、眠いのを我慢して慌ただしい朝を過ごし、そろそろ本格的に一日のはじまりだと気合をいれなきゃならない頃です。
それが、早起きしたぶん、自分のしたいことで時間を取れるのです。

夜に比べて1時間の感覚が3倍!
早起き、オススメせずにはいられない!!