腰痛関連 健康

立っている姿勢での猫背改善にはこれがシンプル

投稿日:2017年10月12日 更新日:

By: yoppy

 

こんにちは、ひろつそです。

油断するとすぐに猫背になってしまいませんか?

気がつくと視線が落ち、背中が曲がって猫背になると、腰の負担は倍増します。

気分的にも後ろ向きになりますよね。

立っている状態で姿勢を正しく整えるシンプルが方法を教えます。

おしりの筋肉をキュッと締める!

これだけ。シンプルですね。

猫背になる原因

そもそも、なぜ猫背になってしまうんでしょうか?
これは、骨盤が後傾してしまう姿勢を取ってしまうから。

骨盤の上に乗っている背骨は、バランスをとるために前の方に湾曲しようとします。
結果、猫背の姿になるんですね。

ならば、骨盤をしっかりと起こして前傾させて正しい向きにしてあげれば、背骨もそれに連動して正しいポジションに収まるのです。

おしりを中心にきれいな立ち姿勢を

骨盤を正しい向きにするために必要なのが、おしりの筋肉のはたらきというわけです。

そして立っているときは、簡単に力を入れることができます。

シンプルな方法はすぐにその場で体験できるから嬉しいですね。

足を腰幅に開いて、立ってみましょう。
おしりの筋肉ををキュッと締めます。

いかがでしょうか?
その状態で逆に猫背になれますか?難しいのではないでしょうか?

え?鏡に映して横から見たら前傾している?
足の親指に重心を無理やりかけていませんか?笑

猫背じゃないけど45度くらい傾いている?
マイケル・ジャクソンですか!

通勤時の列車内で立っているとき。
本屋で立ち読みしているとき。
気づいたときにすぐできます。

正しい姿勢をたもつことが、そのまま筋トレにもなりますね。

最強筋肉の大殿筋

おしりの筋肉は外側から大殿筋・中殿筋・小殿筋で構成されています。
キュッと締めるときに意識するのは一番外側に位置する大きな大殿筋ですね。

大きな筋肉の代表といえば太腿にあたる大腿四頭筋ですが、これは数種の筋肉の集合なので、単独で一番大きな筋肉は、このおしりの筋肉である大殿筋。

筋肉のなかで重力に逆らって体を動かすための筋肉を抗重力筋といいます。大殿筋はその抗重力筋のひとつ。

姿勢を保つために最も重要な骨盤を制御するメインの筋肉ですから、最強なのは当然ですね。

逆にこの筋肉が弱いと、立ったり動いたりしているときの姿勢の維持が困難になります。

筋肉達の連携

ただし大殿筋だけが重要というわけではありません。

おしりの3つの筋肉(大殿筋・中殿筋・小殿筋)にまかせておけばOKというわけではないのです。

インナーユニットと呼ばれる体幹の筋肉(横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群)。骨盤前面のコントロールには欠かせない腸腰筋。

これらの連携が日常の動作で体が正しい姿勢を保つのに貢献しているわけですね。

まとめ

立っているときは、おしりの筋肉を締める。

大殿筋に力を入れることで、骨盤が前傾し正しいポジションを保つ。

それに伴い背骨も正しいポジションへバランスをとり、猫背解消。

腰にやさしい生活!
気軽に行える対策が嬉しい!

ゑまき336




ゑまき336




-腰痛関連, 健康

Copyright© ひろつそゑまき:ココロとカラダのハイパーメンテ , 2019 All Rights Reserved.