腰痛関連 健康

結局カラダ硬いと腰痛で悩まされるよね

投稿日:2017年9月23日 更新日:

こんにちは、ひろつそです。

腰痛対策について色々と調べていると、人間の体というのは部分だけの問題ではなく、全体の調子が保たれてこそ健康と言えるのだなあと実感させられます。

少しでも腰痛の危険から遠ざかろうと思っても当然、腰だけじゃダメ。
腰が土台としている骨盤部分の仙腸関節股関節をしっかりとケアさせること大事なのだなと。

体が硬い、柔らかいの外見の判断でわかりやすいのは直立姿勢から腰を曲げて床に手をつこうとしたときですね。
どのくらい足を曲げずに前屈できるかどうか。

私はそれが、とてつもなく硬い。
ギリギリ床から20センチ切って固まります。笑

そして、この前屈は背骨が柔らかいかどうかよりも、股関節が柔らかいかなんですね。
だけど本来、関節なんてきちんと動いて当然なわけです。

それを妨げているのが、骨と繋がっている筋肉・筋膜・腱になります。
股関節が硬いというのは、それらが硬いということ。

そりゃあ、細かく見ると、腰痛の原因はさまざま。
決して股関節だけの問題ではないことはわかります。
筋肉や神経どころか、場合によっては生活環境でのストレスの問題だったりします。

ただし、腰の土台部分である股関節が硬いと、そのぶん背骨側で姿勢をフォローしなくては
ならなくなります。

硬い股関節が骨盤をきちんとまっすぐに保つことができず、歪んだ重心を保つために、背骨が曲がる。

相撲取りの股割り重視が物語ってますね。
新弟子として鍛錬を積む時、基礎のなかで最重要なのが股割りでしょう。
そして聞くところによると、最も厳しい稽古だと。

辛くてもやらなければならないのは、体の硬さが怪我に直結するから。

一般的成人男性の体重の2倍以上が当たり前になる重さを支える必要がある。
関節が硬いと下半身に渡しきれない負荷は背骨側でフォローしなければならない。

耐久以上の負荷を受けると怪我へと繋がる。
その怪我は相撲を続けることが困難になりうることに直結ですからね。

そして相撲取りが最も重要視することは、一般の人にも共通。
特に我々腰痛持ちにとっても重要でしょう。

健康が大事、体の作りが大事と言っても相撲やスポーツ等で食べていく人たちのように、何から何まで細かいところまで突き詰めて鍛える必要はありませんが、体を動かす根本的なところは共通して大切。

その共通部分を疎かにして生活してきたツケが、腰痛で苦しむという結果に行き着いてしまったのですから。

相撲中継を見ていて気づくのですが、土俵際控えの力士が座布団を2つに折って使用しています。

坐骨をまっすく立てずに胡座をかくのは、腰痛直行の道。
いくら股関節が柔らかいといっても、わざわざ腰に悪い姿勢をとっては、意味がないですからね。

相撲取りでさえ、いや相撲取りだからこそ姿勢に常に注意している。
当然、我々がそれを軽視するのは愚の骨頂なのでしょうね。

立派な腰痛持ちとして(いや、それはダメだけど)力士レベルで腰や股関節を大事にしていきたいものです。

 

ゑまき336




ゑまき336




-腰痛関連, 健康

Copyright© ひろつそゑまき:ココロとカラダのハイパーメンテ , 2019 All Rights Reserved.