ポケモンGO:遅ればせながらのゲーム体験:自宅限定プレイですがね。

ありがちな単なる記録。
家庭内でのみWi-Fiを使える環境だから、まともなプレイはできない状況なので……。

2016年7月のサービス開始当時、話題を独占して社会現象にまでなったといえるポケモンGO。
当時はニュースで関連記事が流れるのを見ているだけでした。
そういえばスマホを手に入れたので、今はアプリをプレイできるなとふと思い出し、世の中から2年遅れでポケモンGOなるものに触ってみました。

うん、GPSはまだ良いとして、さすがに外でネットに繋げられる通信環境じゃないとダメだったんだね。
お外で遊ぶのは自分には無理でした。(笑)

それでも、ご近所に現れたポケモンとは接触できるらしく、無理やり捕獲。
もちろん映る画面は部屋のなかであります。
確かこんな感じで弾いていたなと思いだし、適当に指でカプセルをスライド。

なるほど、現実のその場の景色とリンクしているから、まるでそこにいるポケモンを捕獲した感覚になれるわけだ。
そして、実際は各々の場所へ自分を移動させるので、今までのように指先だけで操作完了という枠を大きくはみ出た体験ができるわけか。

確かに、スマホを通した現実世界という未体験感覚は魅惑的。
注意散漫になって、いろいろニュースになっていた問題も発生ということか。

ゲームが出来ない状態で2年まえに関連トラブルを見聞きしていたときは、なにをバカなことを思っていたけれど、いざ自分が外でプレイ可能な場合を考えると、起こりうることだなあと実感。

いろいろなことに言えるけれど。

とりあえず町内というか自宅の住宅番地内に出現したポケモンは無理やりゲットできそう。
なんだかんだで5種類ゲットである。

町内の会館や公園にいるのは表示されるけれど、事実上無理だな。
しばらく自宅内プレイをして楽しむことにしました。
私のほかにもきっといるはず。
ポケモンGO 自宅内プレイヤーが!(笑)